パンズ・ラビリンス

  • 2018.04.08 Sunday
  • 11:51

JUGEMテーマ:洋画

JUGEMテーマ:洋画

パンズラビリンス01.png

パンズラビリンス02.png

パンズラビリンス03.png

パンズラビリンス04.png

 

 

初めまして、こんにちは!管理人の萠田まくです。

トップの説明にもありますが、このブログは漫画で映画のあらすじを説明します。

 

大学時代に映画研へ入っていましたが、本格的に映画にハマったのは卒業後でした(なぜ映画研入った?)。

余裕がある時は月に1度「1日映画デー」を自主的につくり、朝から夜まで1日映画館に入り浸って

ひたすら最新映画を観るなどしています。

自宅ではNetflixとamazonPrimeで作業中に旧作映画を流したり、

お酒飲みながら観てゲラゲラワッハッハしたりしています。

 

映画の要所を抜き出して短いページ数にまとめるのは初めての挑戦で、すごく難しいけど楽しいです。

初見の人にもどんな映画かわかりやすく、興味を持っていただけるよう工夫していますが、

4ページでなんとなくでも面白さが伝わっているでしょうか?

これから枚数重ねてよりよくなるよう頑張りますので、応援していただけたら嬉しいです。

 

 

さて、最初にとりあげるのはギレルモ・デル・トロ監督の『パンズ・ラビリンス』です。

デル・トロ監督といえば先日のアカデミー賞で『シェイプ・オブ・ウォーター』が作品賞、監督賞、作曲賞、美術賞を受賞しましたね。おめでとう〜!!

(私はまだ観に行けていない……)

 

以下はネタバレを含む私の感想です。

あらすじ漫画だけ読めればいいや〜という方は読まなくてもOKです、ただの感想なので。

ネタバレOKな方は良かったらどうぞ。

 

 

最初観終わった直後は動揺しすぎて逆に冷静だったんだけど、じわじわショックを受けてしばらくしてから泣いた……。

でもその時どなたかのツイートで

「肉体的に負けたとしても、精神的に勝っていればそれはハッピーエンドだ」

みたいな解釈を見て救われた。

確かにラストは一見バッドエンドなんだけど、オフェリアは現実の残酷さに負けずに崇高な魂を貫き自分の世界を守り通した。

 

この話ってたぶん「幻覚」をキーワードに、オフェリアと義父が対比構造になってるよね。

オフェリアは幻想を希望や未来の光として捉えて前向きな力に変えているけど、

義父は自身の「立派な軍人だった父親」の幻影に囚われたプレッシャーからか、周囲の人に威圧的で、マイナスな方に力がはたらいている。

 

結果、オフェリアは自分の幻想を「(彼女の中では)現実のもの」として手に入れて勝利を掴むんだけど、

義父はしっぺ返しを食らって「立派な軍人」としての最期を遂げられず、ゲリラ軍によって保護された生まれたばかりの実の息子へは、彼の名前すら教えられずに終わる。

 

この対比構造を考えると、やっぱり『パンズ・ラビリンス』ってハッピーエンドと解釈しても良いんじゃないかなーって思った。

 

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM